読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング C# - 翔ソフトウェア (Sho's)

C#/.NET/ソフトウェア開発など

多体問題シミュレーション by HTML5 3D版

ソフトウェア開発
nbody3d.png

# 「多体問題シミュレーション by HTML5」の続き。

HTML5 による多体問題シミュレーションの 3D 版を作成した。

詳しくはソースを参照のこと。

使い方等:

  • 物体は球体として表現し、見掛け上の半径は各質量の3分の1乗の比になるようにした。 但し、衝突は考慮していない。
  • 3D アニメーションを見るためには「交差法」立体視を行う。
  • クリックでスケールの変更。
  • クエリー文字列:
    • number で、物体の数の設定 (nbody.html?number=8 で 8 個。1-10個、デフォルト 5 個)
    • size で、物体を表示する大きさの変更 (nbody.html?size=100 で 100%。1-800%、デフォルト 50%)
  • HTML が 1 ファイルだけで他ファイルへの依存なし (オフラインでも OK)
  • Internet ExplorerFirefoxSafariGoogle ChromeOpera の現時点での最新版で動作
  • iPhoneAndroid フォン等スマートフォンで動作

参考: