読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング C# - 翔ソフトウェア (Sho's)

C#/.NET/ソフトウェア開発など

Windows Store アプリと Windows Phone アプリ、Silverlight アプリ、WPF アプリでソースコードを共通化する方法に関する記事

Windows Store アプリと Windows Phone アプリ、Silverlight アプリ、WPF アプリは、どれも XAML を使って開発することができ、共通する部分も多い。

そこで、これらでソースコードを共通化する方法に関する記事を紹介する。

先ずは @IT の岩永 信之氏の記事から。"Portable Class Library" と呼ばれるマルチ プラットフォーム クラス ライブラリによるソースコードの共通化、MVVMパターンによるビューとモデルの分離方法について、判りやすく書かれている。

続いて Windows Store アプリ開発に関する記事を多く書かれている山本 康彦氏のスライドから。

こちらでは、スライドの30ページ目から Portable Class Library について書かれている。

このスライドでは以下の記事が引用されている:

この記事では、MVVM パターンを用いている。各プラットフォーム用に View を分け、Model と ViewModel を Portable Class Library で共通化することを推奨している。

Portable Class Library に関して幾つか他の記事を紹介する:

プラットフォーム間での XAML の違いについては、以下の記事も参考になる: