読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング C# - 翔ソフトウェア (Sho's)

C#/.NET/ソフトウェア開発など

Microsoft Virtual Academy の紹介

microsoft_ITHero_banners_02-3.jpg

Microsoft Virtual Academy (MVA) についてご紹介します。

Microsoft Virtual Academy (MVA) は Microsoft が提供するオンライン トレーニングです。

特長

  • 全コース無償
  • 開発者向けや IT プロ向けの様々な学習コースが充実
  • Visual StudioSQL ServerWindows、Office など、マイクロソフト技術について幅広く学べる
  • de:code 2015 のキーノートなど、マイクロソフトのカンファレンスやイベントのセッションを視聴できる
  • 映像やパワーポイントの資料による分かりやすい説明
  • 映像やパワーポイントの資料はダウンロード可能
  • 日本語の映像の視聴に加えて、英語の映像も (日本語字幕付きで) 視聴できる
  • いつでも好きな時に受講できる
  • ダッシュボードで、学習の計画を建てたり、進み具合をチェックできる
  • 学習が進むにつれてポイントがたまっていき、ランキングを競うことができる

使い方

Microsoft Virtual Academy (MVA) は 5 回までは会員登録なしで、すぐに授業動画の視聴と資料のダウンロードが可能です。
さっそく授業を閲覧して、使い方を確認してみましょう。

  1. コースのURLをクリックします。
    例. Visual Studio 2015 における統合開発環境の進化
  2. 動画を再生してみましょう。
  3. 資料をダウンロードしてみましょう。
  4. Microsoft Virtual Academy (MVA) に登録。
    Microsoft Virtual Academy (MVA) の会員登録は無料です。 登録すると Microsoft Virtual Academy (MVA) に掲載されているすべての授業動画や資料を閲覧できます。 さらに学習に便利な学習履歴の閲覧や、受講証の発行、学習ランキングを使用することができます。
    マイクロソフトアカウントがある方はマイクロソフトアカウントでサインイン、ない方は「Sign up now」 からアカウントを作成してください。

開発者向け3コース

それでは、多くの学習コースの中から、開発者向けの3つをご紹介します。

各コース名をクリックすることで、それぞれを受講することができます。

コース名説明コース内容
Visual Studio 2015 における統合開発環境の進化 リリース間近な Visual Studio 2015 の最新の開発環境の説明。
  1. 開発ツールの強化 ~ Visual Studio 2015
  2. 開発基盤の強化 ~ Team Foundation Server 2015
Unity を使用した Windows 用の 2D および 3D ゲーム開発ジャンプ スタート C#Unity を使用した Windows 用の Unity ゲームを開発する方法。ビデオは英語だが、日本語字幕付き。
  1. 概要とアーキテクチャ
  2. 2D ゲーム開発
  3. 2D および 3D アセットの作成
  4. 3D ゲーム開発
  5. Windows プラットフォームの構築
  6. ゲームの最適化
  7. Unity 内のアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)
  8. マーケティングと収益化
  9. Prime[31] および Azure モバイル サービス
  10. 最後のしあげの追加
  11. 公開形式の Q&A ログ
Microsoft Azure の基礎 Microsoft Azure の最初のコース。
  1. シリーズの概要
  2. Microsoft Azure をお勧めする理由
  3. Microsoft Azure サービスの範囲
  4. Azure へのアクセスに使用するツールAPI
  5. Azure ポータルとプレビュー ポータルの操作
  6. 組織アカウントとサブスクリプションの作成
  7. サブスクリプションとディレクトリの理解
  8. How Do I: ディレクトリの管理
  9. How Do I: マネージャ ユーザー、サブスクリプションの役割、およびディレクトリの役割
  10. How Do I: サブスクリプションとサービス管理者の管理
  11. ジオ (主要地域)、地域、およびデータセンターの理解
  12. 参考情報